あなたの痛いところはどこ?【手】

手根管症候群

手首の手のひら側にある骨(舟状骨結節と豆状骨)と靱帯(横手根靱帯)に囲まれた手根管という管の中を、正中神経と浅指屈筋腱、深指屈筋腱、長母指屈筋腱が通っています。この管の中で神経が圧迫を受けて痛みやしびれ、運動障害を起こす病気とされています。

原因として手の過使用、妊娠によるもの、ガングリオンによる圧迫、骨折による手根管の圧迫などが原因となり、中年以降の女性にやや多く起こりますが、関節の 反射がおかしくなり、その結果として手根管症候群の様な症状が出る場合も多く、注意深く経過を観察する必要があります。

症状としては人差し指、中指、薬指の親指側(そうで無い場合も多い)にしびれと痛みが起こり、夜中寝ている最中や、朝起きてから痛みが強くなるケースが多いです。

症状が進行していくと親指の母指球筋が痩せてきたり、ボタンを留めるなどの細かい作業がし辛くなってきたりします。このような状況になったら要注意です。

関節反射を正常にする事がそのまま神経由来の症状なのか、関節由来の症状なのか判断できますので、よほどの筋萎縮や巧緻性障害が無い限り関節反射の治療をすれば良いと思います。

施術して漸次軽減、治癒していけば、関節反射の異常から発生する偽の手根管症候群と判断できます。全く反応しない、軽減はするが筋萎縮や巧緻性障害が進行していく場合、手術を考慮しなくてはいけません。

どの症状でも言える事ですが、指がしびれだしたらすぐに医療機関への受診はして下さい。

本物の手根管症候群でも関節反射の異常が原因の偽の手根管症候群でも対応が遅くなればなるほど回復は遅くなりますし、元通りにならない事も多くなってきます。

    • 緊張性頭痛、頚椎椎間板ヘルニア、変形性頚椎症、むち打ち(むちうち)、胸郭出口症候群、肩こり、四十肩、五十肩、肩関節周囲炎、外側上顆炎(テニス肘)、手の痛みしびれ、背部痛、腰痛
    • 、脊柱管狭窄症、腰椎椎間板ヘルニア、分離すべり症、変形性脊椎症、仙腸関節炎、変形性股関節症、変形性膝関節症、足の痛みしびれの治療で来院する患者さんは、埼玉県ではさいたま市、伊奈町、上尾市、蓮田市、春日部市、久喜市、白岡町、越谷市、鴻巣市、桶川市、北本市、加須市、川越市などの埼玉県全域より、遠方では東京都北区、杉並区、世田谷区、荒川区、中野区、新宿区、中央区、港区、大田区、品川区、調布市、府中市、八王子市、神奈川県川崎市、横浜市、栃木県足利市、小山市、宇都宮市、群馬県太田市、館林市、前橋市、邑楽郡、千葉県松戸市、野田市、茨城県古河市 、山梨県、新潟県、秋田県、大阪府
    • 大阪市から
    • 来院されています。