あなたの痛いところはどこ?【背中・腰】

ぎっくり腰の原因と治療

ぎっくり腰(acute low back pain)とは一般的に重いものを持った時や急に体を捻った時に起こる急性腰痛の俗称です。正確には「急性腰痛症」が診断名となります。

原因として筋肉や筋膜の損傷、腰椎椎間板ヘルニア、椎間関節や棘上靱帯(きょくじょうじんたい)や棘間靱帯(きょくかんじんたい)の損傷で痛みが起こるとされていますが、そのほとんどは何らかの原因により関節反射の異常が起こり、関節の動きや周囲の筋緊張のコントロールする能力が低下してしまった為に起こる症状です。痛みがあってもできる限り日常生活動作を維持することで、痛みが軽減するケースが多いですが、たまに慢性化する方がいるので、関節反射の異常は放っておかない方が良いでしょう。

なお、腫瘍が原因で急性腰痛症(ぎっくり腰)が起きている場合は安静時、運動時でも痛みの増減があまりなく、夜間痛も起こりやすいです。この場合は、レントゲンの撮影と血液検査が必要となります。

腰痛におけるレッドフラッグをチェックしましょう。
(レッドフラッグについてはこちらをご覧ください。クリックするとページを移動します。)
該当する項目がある場合、必ず重大な疾患が隠れているわけではありませんが、ガイドラインではレントゲン検査と血液検査を勧めていますので、先に脊椎外科または整形外科の受診をおすすめします。

その他、ぎっくり腰が起こりやすい原因としては、「精神的ストレス」を過剰に受けている場合や、過度のスポーツや肉体労働で「身体に強い負荷」をかけていると関節反射の機能が低下しやすく、これがきっかけでぎっくり腰になる場合もあります。

ぎっくり腰を発症したら、なるべく早い段階での治療をお勧めします。

ひとたび関節反射の異常が発生すると段々と炎症が強くなってきてしまい、治療から治癒までの期間が長くなる傾向にあるからです。

早期で治療できた場合、1回から3回の治療で治癒する事が多いです。
※但し、精神的ストレス・身体的ストレス等を過度に受けている場合は、関節反射の回復が阻害され、回復が遅れることがあります。

Kosi

なお、治療の過程でコルセットや骨盤バンドなどの関節の動きを制限するサポーターの装着はお薦めしていません。

なぜなら、関節の動きを障害する事によって関節反射の回復が遅れてしまうことが明らかだったケースがこれまでの臨床経験により少なからずあったからです。

また、睡眠不足や過度の疲労などの身体に対するストレスでもぎっくり腰は起こりやすくなってしまいますので、なかなか難しいことなのですが「体になるべく疲労を溜めないようにする」ことが一番の予防策と言えます。

ところで、腹筋・背筋をされる方も多いと思いますが、実は「筋力アップ」をしたからと言って「痛みの発生を抑止」ができるということはありません。ボディビルダーの方やスポーツ選手達は腰痛が少なくて、筋力のない方は腰痛が多いなどということはありません。

Hnp1

また、軽度の運動ならば良いですが、過度のスポーツはお薦めしません。自分の能力以上に体を動かし続けると、やはり関節反射の異常が生じてしまうからです

腰椎椎間板ヘルニア

腰椎椎間板ヘルニアとは、クッションの役割をしている椎間板の中にあるゲル状の髄核や線維輪が脱出して起こる。頚部と違い、正中脱臼はそんなに多くないので症状は左右どちらかに出ることが多い。
脱出したヘルニアが脊髄馬尾神経や神経根を圧迫、刺激して症状を起こす。脱出したヘルニアはマクロファージによって貪食され縮小していくことが確認されている。
好発年齢は30〜40歳代が最も多い。罹患するのはL4/L5、L5/S1の順で、この2つが全体の90%以上を占める。
症状:腰痛、下肢痛、知覚障害(しびれ等)、運動麻痺、腱反射低下。
ヘルニアが巨大になり、脊柱管を占拠するような状況になると、両下肢麻痺、直腸膀胱障害を呈する。
両下肢の麻痺、直腸膀胱障害が現れたらすぐに手術となる。
理学所見:SLR・WLR等の坐骨神経を刺激して症状を誘発するテストである。
知覚検査、筋力テスト、深部腱反射の観察。
CTまたはMRIの画像検査→この時点で椎間板が膨隆し、神経を圧迫していれば「腰椎椎間板ヘルニア」と診断名がつく。
上記は医学書上のお話し。

ですが最近は椎間板ヘルニアは生理学的な変化に過ぎず、痛みやしびれの発生原因とは考えにくいといった考え方に変化してきています。

実際に臨床症状と画像所見が一致することは少ないですし、経過観察や手技療法などで治る方もかなりいらっしゃいます。

痛みしびれ=神経への圧迫ではありません。

腰椎椎間板ヘルニアの検査は知覚検査・筋力テスト・深部腱反射に仙腸関節の評価で十分です。
後は関節反射の治療をして経過を見て症状が軽減、消失するようならば関節反射の障害により発生していた症状といえます。

もちろん極々わずかの方ですが、麻痺が進行していく場合や、膀胱直腸障害が発生した場合は手術が必要になりますので、整形外科での治療になります。

坐骨神経痛

○坐骨神経とは?
坐骨神経とは、腰椎から出た神経が何本かまとまってお尻から足にかけての運動と感覚を支配している神経です。
その太さは大人の手の小指ほどあり、人体の中では一番太い末梢神経とされています。

○「坐骨神経痛」とは?
その「坐骨神経」が何らかの原因により障害を起こし、痛みやしびれを出した場合「坐骨神経痛」と言われる事が多いです。
腰からお尻が痛くて受診したら椎間板が神経圧迫して〜椎間関節が〜で「坐骨神経痛」と言われる事はよくありますね。
出ている痛みやしびれに対して「坐骨神経痛」と言われるだけで、必ずしも神経症状を伴っているわけではありません。
神経が圧迫を受けて痛みやしびれを出すことはほとんどありません。

○末梢神経の役割
坐骨神経は末梢神経ですが、その中には主に脳からの指令を伝えて筋肉を収縮させる「運動神経」と、皮膚表面の刺激などを脳に伝える「感覚神経」があります。
末梢神経の場合、信号の伝え方が一方向伝導性(一方通行)なので、皮膚表面等の刺激を脳に伝える事はあっても、その逆はありません。
例えると感覚神経は電気のコードに似ています。
コード先のプラグからは電気が流れれば機械の方に伝えますが、機械の方からプラグに向かって電気が流れることは無いですよね?
神経の周りには神経周膜や神経上膜といった「絶縁体」が存在しており、圧迫を受けても受容器が存在しないため、そこから痛みやしびれの信号を送ることは無いのです。
ですから坐骨神経がヘルニアにより圧迫されても梨状筋や椎間関節が変形して圧迫していようとも、しびれを出すという事は実はおかしい事なのです。

○関節反射を矯正すればしびれは取れることが多い。
日常よく経験する痛みやしびれは、かなりの場合関節のセンサーが何らかの原因により障害され、正常に働かなくなったために起こっているものです。
坐骨神経痛と言われて来院された方にACT療法を行うと驚くべき事にたいていの場合数週間でしびれはほとんど無くなっていきます。
「しびれ」を起こすのは神経ばかりが原因ではなく、むしろ関節センサーの異常が原因であることが多いという事が分かっています。

股関節痛

○股関節痛を訴える患者さんは多い
日常股関節に痛みを訴える方は多いです。
股関節痛といっても色々あり、骨端症、大腿骨頭壊死、ペルテス病、大腿骨頭すべり症、離断性骨軟骨炎、単純性股関節炎、変形性股関節症、恥骨結合炎、筋肉の損傷、梨状筋症候群、弾発股、感覚異常性大腿痛、臼蓋形成不全によるもの、先天性股関節脱臼によるものと、列挙すればきりがないです。
この中でも一時ケアの臨床でよく見るのは骨端症、変形性股関節症、梨状筋症候群、感覚異常性大腿痛くらいでしょうか?

○何でいたくなるの?
何でいたくなるかはハッキリと言える物ばかりではありませんが、股関節と骨盤にある仙腸関節は密接な関係にあります。
仙腸関節の働きを良くすると痛みが取れていく場合がほとんどですので、上記の病名に関係なく、関節センサーのネットワークが異常を起こした関連痛とでも言うべきでしょう。

○治療はどうしたらよいの?
上記でも述べたとおり、骨盤の関節と密接な関係にあります。
それを考えると骨盤の関節と股関節は相互に連絡を取っていると考えられますから、骨盤、股関節のセンサーの異常を治せば痛みは消えていく場合が多いです。
「私は変形性股関節症だから痛いんだわ。」とおっしゃる方が多いですが、変形や軟骨の摩耗は痛みとはほとんど関係なく、関節センサーを治せば痛みは消えていく場合が多いですから、その様な考えはしない方がよいと思います。

    • 緊張性頭痛、頚椎椎間板ヘルニア、変形性頚椎症、むち打ち(むちうち)、胸郭出口症候群、肩こり、四十肩、五十肩、肩関節周囲炎、外側上顆炎(テニス肘)、手の痛みしびれ、背部痛、腰痛
    • 、脊柱管狭窄症、腰椎椎間板ヘルニア、分離すべり症、変形性脊椎症、仙腸関節炎、変形性股関節症、変形性膝関節症、足の痛みしびれの治療で来院する患者さんは、埼玉県ではさいたま市、伊奈町、上尾市、蓮田市、春日部市、久喜市、白岡町、越谷市、鴻巣市、桶川市、北本市、加須市、川越市などの埼玉県全域より、遠方では東京都北区、杉並区、世田谷区、荒川区、中野区、新宿区、中央区、港区、大田区、品川区、調布市、府中市、八王子市、神奈川県川崎市、横浜市、栃木県足利市、小山市、宇都宮市、群馬県太田市、館林市、前橋市、邑楽郡、千葉県松戸市、野田市、茨城県古河市 、山梨県、新潟県、秋田県、大阪府
    • 大阪市から
    • 来院されています。